dorapon2000’s diary

忘備録的な。セキュリティとかネットワークすきです。

既存のWiFi兼光電話ルーターは残したまま新しいWiFiルーターを接続する

年末年始で実家に帰省したところ、インターネットのスピードが1Mbpsしか出ませんでした。え!?私のWiFi遅すぎ...

最近ずっとこの調子らしくて、繋げられないわけではないけれど、動画がよく止まるとのこと。1Mbpsなのでそれはそう。なんとなくだけれどもうWiFiルーターの寿命が来ているのだろうなと思って、新しいWiFiルーターを買いました。

光回線 --- ONU --- WiFi兼光電話ルーター --- 新しいWiFiルーターのAPモード

という構成にしたので、その記録を書きます。

解決したいシチュエーション

解決策

解説

WiFiルーターと光電話ルーターの一体型

自分も昔から利用しておきながら実家のネットワークの構成がどうなっているのかは理解してませんでした。 どうやら、WiFiルーターと光電話ルーターの一体型をレンタルしているようです。上で貼った1枚目の画像のWiFiと記載されているデバイスがそれです。 そのため、この古いルーターを単に新しいWiFiルータへ置き換えるだけでは、固定電話が使えなくなってしまいます。

WiFi兼光電話ルーターは光電話ルータとしては機能させつつ、WiFi機能だけを新しいWiFiルータに取って代わってもらう必要があります。

WiFi機能の停止

新しいWiFiルーターを機能させる前に、とりあえず現在のWiFiは停止させておかないと紛らわしいです。

WiFi兼光電話ルーターの設定画面にアクセスしてパスワードを入力します。デバイスの種類によりますが、うちのルーター設定画面は 192.168.0.1 でした。ブラウザのURL欄に 192.168.0.1 と入力してアクセスします。

詳細な設定ができないと困るなと思っていたら、割と詳細な設定ができるようで、WiFi機能の停止もできました。

注意しないといけないのは、停止したのはWiFi機能だけであり、光電話やDHCPの機能はそのまま動いているということです。

新しいWiFiルータの接続

ONUから出るLANケーブルはWiFi兼光電話ルーターのWANポートに繋がっています。WiFi兼光電話ルーターのLANポートに新しいLANケーブルを差し、LANケーブルのもう片方を新しいWiFiルーターのWANポートに接続します。

今回購入した新しいWiFiルーターにはルーターモード以外にAPモードがあり、APモードに切り替えます。そして電源ケーブルを繋いで起動させます。これで完成です。新しいWiFiルータの方に設定は特にいりません。

Wi-Fiルーターのルーター機能を使用しないでAPモード(ブリッジモード)として使用する方法 | バッファロー

自分も調べるまでAPモードというものを雰囲気しか理解していなかったのですが、こういうときのためにあるんですね。こういうときというのは、DHCPは他のルータに提供させて、自分自身はWiFi機能だけを司りたいときです。APモードでは、LAN内にDHCPサーバが2つ立ち上がっているという心配もありません。

APモードのWiFiルータはL2スイッチみたいな立ち位置になるようで、IPアドレスは割り当てられていませんでした。たぶん。

新しいWiFiのアクセスポイントに接続する

これは、新しいWiFiルーターの説明書類に記載されているアクセスポイントに同じく記載されているパスワードで接続するだけです。

1Mbpsから730Mbpsへ。爆速インターネットを手に入れました。これでもう動画が止まる心配はないですね。

TVや他のデバイスにも新しいWiFiの設定をして作業完了です。